幸せに生きる~うつ病公務員の場合~

幸せに生きる~うつ病公務員の場合~

うつ病になって休職した30代公務員のブログです。病気を機に生き方模索中。

会議が怖いを乗り越えてた

うつから復活して怖かったことがあります。


それは会議。参加するだけのやつじゃなくて主体的に仕掛ける会議ね。


うつになる前から、会議で説明したり発言するのは苦手でした。


怖い理由はたくさんあります。うまく話せるのか。人の目線を浴びて冷静でいられるか。頭が真っ白にならないか。


そして今日。

2月に職場復帰してから簡単な打ち合わせはたまにありましたが、しっかりした会議で発言するのは初めてです。約1年ぶり。


正直ここ一週間ずっと緊張してました。うつとかじゃないけど嫌だなーって感じ。

でも、会議を終えてびっくりしました。


なんと以前より自然に話せました。冷静に。そして人の目線も過度に意識せずに。


うつになる前になんであんなに緊張したのかがわかりました。それは人に査定されることばかり意識していたからです。要は人の目ばかり気にしていたのです。


うつから復活して人と比べることが少なくなってきている僕は、議題にしっかり集中することができました。


誰よりも優秀でいたい→県庁に異動→評価されてる嬉しい→うつに追い込まれる→休職する→誰よりも終わってると感じる→誰からも馬鹿にされてると思い込む→少し回復して馬鹿にされてもいいじゃんと開き直る→役所に戻る→意外に馬鹿にされてないことに気づく→人と比べることが少なくなる→自分自身が成長していればそれでいいと思うようになる(イマココ)


こうなったから変に意識しなくなって自然体でいれたのかもしれません。

やっぱり人と比較するという尺度からは抜けた方が幸せですし、楽ですね。