幸せに生きる~うつ病公務員の場合~

幸せに生きる~うつ病公務員の場合~

うつ病になって休職した30代公務員のブログです。病気を機に生き方模索中。

うつになって2年

久しぶりの更新です。

最近アクセス数が増えています。春はメンタル不調が起きやすいですよね。僕がうつになったのは2019年の6月でした。

うつになった人は自分が治るのかとか、職場でどうなるのかとか、治ったとはどういうことかとかとても不安になると思います。

 

なので、今日はうつになって約2年経過(職場復帰して1年ちょっと)した自分の現状を紹介したいと思います。

 

1 心の状態

概ね安定しています。やっぱり職場復帰して1年くらいは多少の上がり下がりはありましたが、仕事を休むとか休日も楽しめないといったことはありませんでした。最近は特に安定し、多少のことには動じなくなりました。そしてうつになる前より気楽に生きられるようになったと思います。うつから元気になるにはやっぱり時間がかかりますね。

 

2 仕事の状況

半年前に昇進試験を受けて、見事に落ちました笑。手ごたえがあったので、落ちた理由はおそらく…前年にうつで休職したことだったんだと思います。まぁしょうがないかと思う一方で、落ちたことが分かったときはさすがに凹みましたし、ちょっと腐りました(^^;)。でも時間が経過して、別にいっかで感じになり、また来年もあるしといった感じです。

業務自体はとても忙しいです。明らかに自分の業務量が係で一番多い。みんながやらない&できない仕事はなぜか僕に…笑。でもマジで無理だと思ったらNGだします(うつを経験して成長したこと)。なんやかんやで充実してるのかもしれません。

 

3 友人関係

今まで無理して付き合っていた友人関係に愛想をふることをやめました。疲れるし、お金がなくなるだけだし。会うことも連絡することもやんわりと断れるようになりましたね。本当に大事な友人関係だけが残った気がします。

そもそも、僕がうつになったことを知ったことで、近づいてこなくなった人も結構います。結果オーライでラッキーです笑

 

4 家族

うつになって、僕は家族の時間とひとりの時間が大切でとても好きだということが良く分かりました。なので、無駄な友人との時間がなくなったことで、ひとり・家族の時間が増えていい感じです。家族とは以前に増して仲良くなりましたね。

 

5 服薬

病院には1年くらい通院していません。自然フェードアウトです。服薬もほぼしていません。というのも、睡眠障害が若干あります。平日・休日を問わず、毎日早朝5時とかに目が覚めてしまうんですよね。なので今日はマジで眠りたいと思ったときだけ、残っている睡眠薬を飲んだりしています。休みの日なんかは朝早く起きれてラッキーと思うときもあるのですが、明らかに睡眠不足のときもあるので、どうしよっかなといった感じです。まぁそこまで心配はしていません。

 

6 自分が変わったなと思うこと

人に優しくなったと思います。仕事に悩みをもっていたり、今休職している職場の同僚に対して心の底から思いやりを持った行動ができるようになりました。

その反面、人に厳しくなりました。自分は病気になるまで「お人よし」でした。世の中には思いやりの感情がない人、搾取することに何も抵抗のない人がいるということがうつになって分かった気がします。なので誰にでもいい顔するのはやめるようになり、冷たい対応ができるようになったような気がします笑

そして、勉強するようになりました。ストレスなく仕事を進める方法や、人への思いの伝え方、簡潔な業務資料の作り方、資産運用の方法、道徳論…。知ることは自分を守ることに直結すると身に染みています。むしろよく今までこの社会という戦場に対して、たいした武器も持たないで生きてこれたなといった感じです。

 

 

雑駁ですが、こんな感じです。総合的にみて、今は結構幸せですね(^^)。

うつになっても幸せになれます。誰かの役に立てば幸いです。